過払い金をゼロに|名古屋総合法律事務所の評判が高い弁護士に相談

キャッシングの知識

説明

法律とは利息制限法のことで、上限金利を上回る利息を過払い金と言います。上限金利による引き直し計算を行ない、過払いかどうかを判断します。過払い金は、2010年の法改正によって、金融業者に対して返還請求ができるようになりました。金融業者は、この請求に応じなければなりません。なお、利息制限法が定める上限金利は以下の通りとなります。(1)元本が10万円を超えない場合は年利20%まで(2)元本が10万円以上100万円未満の場合は年利18まで(3)元本が100万円以上の場合は年利15%までなお、過払い金は10年前に遡って返還請求できます。10年というのは、最後に支払い(返済)を行なったのが10年以内であれば、その契約全てに係る過払い金が対象となります。

金融業者が上限金利を上回る利息を請求しても取り締まれずにいた原因は、利息制限法と出資法という2つの法律の存在があります。これら2つの法律には、それぞれ異なる上限金利が設定されていました。例えば元本が10万円を超えない場合、出資法が定める上限金利は年利29.2%でした。利息制限法が定める20%との開きがあり、この開きがグレーゾーン金利と呼ばれていました。罰則のない利息制限法を上回っても、罰則のある出資法を超えない範囲で金利を設定していれば許容されると解釈したとされます。しかし、2010年の法改正によって、出資法の上限金利は、利息制限法の定めるものと一致することとなり、グレーゾーン金利が撤廃されました。ここで自動的に上限金利を上回れば罰則されることになりました。過払い金の返還請求は、御自身でも行なえますが、評判のいい名古屋総合法律事務所の弁護士や司法書士に依頼することも可能です。その場合の費用ですが、名古屋総合法律事務所では相談は無料とするケースが多くのが評判を集めており、実際に返還手続きを代行してもらった場合の成功報酬として、返還金額の15%から20%程度が一般的です。

選ぶ方法

男性

ネットを見ることでいろいろな法律事務所のホームページを見ることがあります。その中で多く相談があることが離婚のことになります。中には、離婚専門の弁護士もあるので、適切な対応ができます。

事故は弁護士に相談

女の人

車に注意して歩行していても、車の運転手の不注意で事故に遭ったら、防ぎようがありません。交通事故のトラブルは弁護士に依頼しましょう。後々トラブルになる事が多いので、慎重に進めましょう。

不当解雇の実態

紳士

不当解雇でお悩みの方は多いです。景気が良くなったと言われる社会の中で、辛い方の味方が弁護士です。法律的な側面から真面目に働いて来た人の味方になってくれるのです。迷ったら相談しましょう。